のほほん読書感想録

本の感想や学んだことを主に書いてます。ビジネス書から小説、漫画までいろいろ読んでます。最近はゲームや株主優待も取り上げてます。

『放課後のカリスマ』 世界の偉人がクローンとして登場する学園モノ

もっと評価されるべき漫画10冊とか言うまとめに挙げられていた『放課後のカリスマ』を7巻まで読みました。

放課後のカリスマ(1) (IKKI COMIX)

放課後のカリスマ(1) (IKKI COMIX)

 

 

内容紹介

歴史に名を残した偉人達のクローンばかりが通うセントクレイオ学園に、ただひとりが非クローンとして存在している一般人の神矢史良。そんな状況で学園生活をしているなか、セントクレイオ学園のOBであるクローンケネディが、大統領選挙の立候補を表明した際に暗殺されてしまう。その裏にはある組織が関わっているようで……

どうしてセントクレイオ学園に非クローンとして神矢が存在しているのか。クローンはオリジナルと同じような運命をたどってしまうのか。クローン・ケネディが殺された背景には何があるのか。クローンを題材にしたSF漫画。

 

感想

設定はとてもおもしろいと思います。クローンとして生み出された偉人が、一つ屋根の下で生活しているわけですから、偉人好きにはたまらない作品になるかと思います。

また、偉人がクローンとして現代に現れて、この先どうなるのかといったことや、非クローンの神矢はどういった役割を学園ではしていくのか、など色々想像できますからね。面白いストーリーになるのでしょう。

 

と思っていたのですが、蓋を開けたら微妙でした。取って付けたような偉人エピソード。偉人である必要性を感じない序盤のストーリー。正直、偉人である必要があるのかなと思っていました。

しかし、この漫画は一気に面白くなっていく漫画ではなく、緩やかなペースで面白くなっていく漫画のようで、巻を進めて行くうちに設定が活かされてきたストーリー展開になってきて面白さが増してきました。

 

話の核にもなっているクローンとして産まれた人間特有の苦悩は、ちょっと考えさせられましたね。オリジナルと同じ寿命で死んでしまうのかという悩みや、決められたレールでしか行きていけない苦しみなどは辛いのでしょう。

私達オリジナルの人間にはわかりません。こう考えると、自分で人生を決められることは幸せなのかもしれません。当たり前のことに感謝。

 

綺麗に締まったので今日はここまで。一気読みしたほうが面白そうなので、完結したら続きを買おうかと思います。