のほほん読書感想録

本の感想や学んだことを主に書いてます。ビジネス書から小説、漫画までいろいろ読んでます。最近はゲームや株主優待も取り上げてます。

完璧主義を治すって考え方、やめませんか?

完璧主義を治したいと思っている人は、少なくないと思います。

かく言う私も完璧主義です。この完璧主義を治したくて、本を読んだら治らないかなとか考えていたのですが、そう簡単に治ることがありませんでした。

でも、ある考えが浮かんでから、完璧主義がマシになったので書いていきたいと思います。

f:id:bird135:20140921124339j:plain

完璧主義の悩み

そもそも完璧主義とは、自分の理想を追い求める考え方のことです。テストで100点を目指すのもそうですし、期限ギリギリまで完成度の高いものを作るのもそうです。その考え方は問題ないのですが、完璧主義ゆえの悩みというのは、以下のものがあるでしょう。

  • 理想のものではないので、先延ばしにしてしまう。
  • 完璧を求めすぎて、生産性が悪くなってしまう。
  • 理想に辿り着けそうにないので、行動しない。
  • 欠点ばかり見てしまう。

私がこの中で問題視すべきだと思うのは、欠点ばかり見てしまうことです。これのせいで、完璧主義という自分の欠点に目が行ってしまい、自分を否定してしまうということになります。

こういう考えや行動が嫌で、完璧主義を治したいという考えになっているのではないかと思います。

 

完璧主義は治すものではない

でも完璧主義って治せるものかなと考えたときに、ある考えが浮かびました。

それは、完璧主義を治すという発想が完璧主義だということです。

何が言いたいのかというと、完璧主義を治すというのは、体から完璧主義を拒絶して、自分が良いと思っている別の考え方に変えるということです。
この理想を追い求めて欠点を否定する考え方が、完璧主義の考えだと思うのです。この考えに縛られている限りは、完璧主義を否定し続けてしまうでしょう。

 

だから私は、完璧主義は治すのではなく、受け入れるものだという認識に変えました。

完璧主義の欠点を受け入れて、改善していくほうが気楽でいいです。この考えが浮かんでから、完璧主義でもいいと思えるようになりましたし。

どうも完璧主義を治そうとする完璧主義者は、欠点を拒絶して改善することに必死になってしまうような気がするんですが……これは私だけですかね?

 

別に完璧主義は悪い考えではないと思います。完璧主義が求められる仕事もありますし、理想を追い求めるのは良いことです。こだわりって大事ですからね。
ただ完璧主義の悪いところもあるので、それを何とかする方法を少しだけ書いていきたいと思います。

 

完璧主義の受け入れ方

完璧主義のすべてを否定するのは止めましょう。もし否定するならば、一つの欠点だけにしましょう。
例えば、完璧主義だから理想に辿り着けそうにないので行動できないと言って、考え方から行動まですべてを否定するのではなく、行動できないことだけに注目しましょう。

 

もし完璧主義だから行動できないならば、完璧主義を治すところから始まります。ですが行動できないということだけならば、とりあえず行動すれば欠点が改善できたことになったと思いませんか?

 

 例えばジョギングしたいけど、ジョギングウェアもジョギングシューズも理想のものではないから揃うまで走らない、と考えるのではなく、とりあえず走ってみましょう。
うわー、理想の格好ではないのに走ってるよー、と考えながらジョギングをすることになりますが、行動の改善はできていますよね。これを繰り返していけば、ジョギングの完璧主義はなくなると思います。

 

ちなみに私が初めてやった改善方法は、本の目次を見て読みたいところだけを読んだら、BOOKOFFに売るようにしました。
本は最初から最後まで読まなければいけないと思っていましたので、最初は抵抗がありました。ですが、10冊位それをやると抵抗がなくなりました。この改善方法のおかげで、本の完璧主義はなくなりました。他の完璧主義は残っているんですけどね。

 

こんな感じでちまちまと完璧主義を受け入れていくしかないと思います。ですがもし、他にいい方法があるなら誰か教えてください。

 

 参考文献

ハーバードの人生を変える授業

ハーバードの人生を変える授業