のほほん読書感想録

本の感想や学んだことを主に書いてます。ビジネス書から小説、漫画までいろいろ読んでます。最近はゲームや株主優待も取り上げてます。

方向性がおかしい「放課後プレイ Maniax」

 放課後プレイ Maniaxが発売していたことを知り慌てて買いに行きました。というかすっかり存在を忘れていました。発売のペースが遅いから仕方ないね。

 

この漫画は、放課後プレイ1,2,3のキャラが総出演している短編集となっております。長編の間の繋ぎとして描かれていたものが収録されているので、当たり前といえば当たり前なのですがね。そのため、話題となるゲームが様々な時期のものを扱っているためわかりづらいものもあります。

 

例えば、今は地球防衛軍は4まで発売しているのですが、掲載当時は地球防衛軍3が最新のシリーズでした。なので登場人物が3をやりながら新作の地球防衛軍の話をしている場面では、5が発売するなんてアナウンスされていたかなと一瞬思ってしまったり、PSvitaのことをNGPって言っているのを見て、最初は違う名前だったなと思い出しながら読んでました。

 

あと後半、格闘ゲームをすることになるので格闘ゲームの話題になるのですが、私は格ゲーが苦手で詳しくないので、話がさっぱりでした。ギルティギアとか名前を聞いたことがある程度で、後はわかりません。格ゲーに詳しいなら、楽しめるのでしょうが格ゲーは鉄拳2を最後にやっていないから……あ、友達の家でジョジョやりました。今はパッチがあたってマシになったと聞いたのですが、一度悪い評判が流れるとそれを挽回するのは難しいですね。Amazonのレビューもひどいものですし、値崩れがすぐ起こりましたし散々でした。今は良ゲーになったと聞きますが、多分買うことはないでしょう。

 

格ゲーの話はさておき、ストーリー的な話に戻りますがいつもの感じでしたね。各シリーズのカレカノでいちゃついて終わりですよ。1の彼女に至っては、彼氏の部屋で水着を着て見せつけてましたからね。だんだんエロさにステ値を振ってきてませんか。でもそういうのを求めている人にとっては、お腹いっぱいになったかと思います。マジオススメ。