読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほほん読書感想録

本の感想や学んだことを主に書いてます。ビジネス書から小説、漫画までいろいろ読んでます。

『採用基準』リーダーシップは人生を変える!

ビジネス

マッキンゼーに勤めていた伊賀泰代さんの『採用基準』を読んで、一番に感じたことは

リーダーシップってのは大事だよ!

ということです。

 

リーダーシップという言葉の一人歩き

そもそも日本人の考えているリーダーシップと本来のリーダーシップは違うようで、日本人のリーダーシップは飲み会の幹事やイベントの責任者といった雑用係のことを指していたり、他者より上の立場からあれこれ命令して、自分は何もしない人のことを指していることがほとんどのようですが本来のリーダーシップは違います。

 

本来は、チームの使命を達成するために必要なことを自分からやることを指します。目標を達成するために自分ならこう動くと思ったことは、自分の行動範疇ならば自ら動きますし、自分がリーダーならこういったことをすると考えたことは、積極的にリーダーに言うということです。こういった人間でチームを形成すると、非常に質の高い仕事ができるようになります。一方リーダーに指示を仰いだり、リーダーの指示があってから行動する人は、指示待ち人間になっているためチームが鈍足化してしまいます。日本企業は、後者の形をとっているところが多そうですね。

 

人生を変えるリーダーシップ

そろそろタイトルに書いた「人生を変える」理由についてですが、リーダーシップとは自分のやりたいことをやる力といえるので、リーダーシップを身につけることで仕事でもプライベートでも自分自身が実現したい世界を追い求めることができるようになるのです。具体的に書きますと、リーダーシップを身につけることで、目標を設定し、自らの責任で行動する覚悟を決め、それを達成するにはどう行動して行ったらいいのかを考えさせ、実行していく力を得るため、人生を変えられるというわけです。

 

 さて、リーダーシップが大切だということはわかりましたが、どうすればリーダーシップを成長させられるか、具体的なことは多く書いてありませんでしたが、例としてNPOやボランティアに参加しようみたいなことは書いてありましたね。NPOは少数で結成されている事が多いため、リーダーシップに溢れたNPO設立者を間近で見ることができ、言動や行動の影響を受け、自分の内なるリーダーシップが表に出てくるというケースがあるようです。要はリーダーシップを感じられる環境に入ればいいんです。

 

あとは会社で教育してもらうといいみたいです。日本人はリーダーシップの教育を受けてこなかった人がほとんどなので、教育を受けると今までリーダーシップを己の中に感じたことがなかった人でもリーダーシップを身に付けることができるようになるそうです。

個人的にリーダーシップを鍛える方法として思うのは、リクルートに入ればいいんじゃないですかね。

 

採用基準

採用基準